これからはじめる株式投資

テクニカル - RSI(14日線)30%以下

過去14日RSIが30%以下

RSIとは、Relative Strength Index」の略です。過去14日RSIとは、過去14日間の株の値上げ幅と、値下げ幅を分析し、売られすぎ、買われすぎを判断するために用いられる指標の事です。日本語訳すと、相対的指数という意味になります。従って単位は%で表されます。これは、株価の値上げ幅と値下げ幅の分析から、導きだされている数字でRSIが高いほど買われすぎ、低いほど売られ過ぎと判断されます。
RSIが70%~80%以上だと、買われすぎ=売り時である。20%~30%以下であれば、売られすぎ=買い時である、と判断できます。RSIは14日間で用いることが多いのですが、場合によっては、9日間という短期で使うこともあります。その際、気をつける事は、期間が短ければ短いほど、その振幅は大きくなりがちだということです。

-これからはじめる株式投資
-, ,

© 2021 便利なコンパス