【簡単】株式投資の始め方


投資の世界(複利を利用したやり方)は、手元にある元本より、「利回り」と「時間」が大きな要素です。特に割安株投資を正しく実践して安定した高い利回りが実現できれば、時間と共に貴方の資源は、雪だるま式「複利の力」に増えていきます。自分の資産が増えて行く様子を見るのは、本当に気持ちのいいものです。又今後はどうやら社会保障が期待できなくなりそうです。となると年金は自分で用意しなくてはなりません。ひとによって数年後は、定年が70歳か75歳くらいにまで引き上げられるという人もいますが、そんな年まではたらきたくないでしょう。折角の人生ですから自由の自分の思い通りにいきてみたいですよね。その為にも投資力を備える必要があります。

はじめる株式投資

副業 バリュー投資 割安株

ファンドが扱わない小さな時価総額 投資は、資金が多いほど勝つ確率が高くなります。資金が多くあれば、多量な空売りを行い、安くなったところで買いに入れば儲ける事も可能になります。 このように沢山の資金をもった機関投資家、ファンドや仕手と言われる株式投資家と同じ土俵で競っても勝てる訳がありません。 しかし、機関投資家、ファンドや仕手と言われる株式投資家が投資対象としてるのは、時価総額の大きい大型株、優良企業です。 大型株で運用しなければならない理由は、数百億、数千億運用資金であり小型株では、利益が上げにくいため ...

はじめる株式投資

個人投資家のバリュー投資(割安株投資)

個人投資家に向いているバリュー投資 最近の相場では、個人投資家が増加しています。個人投資家の売買は、全体売買の30%にも迫るようになっています。 個人投資家が選ぶ銘柄で利益を上げることがポイントですね。では個人投資家が買う銘柄と言いますと、リスクが少なく、小資金で確実に儲けられる銘柄と思います。 選ぶ基準とは、値下がりがないと割安・低位株になります。この方法はデイトレーディングよりもはるかに安全で儲かる方法です。 又毎年多くの新規参入者が株式市場に来ますが、その殆どは1~2年で退場しています。短期利益を上 ...

はじめる株式投資

サラリーマンの少額で株式投資

余裕のある生活へ心構え 余裕のある生活になる意を固める 資産が増えていくまで数年間無駄遣いを止め貯蓄する 割安株投資を行う 最初が非常に重要で儲からない時期が長く大変なのですが、軌道に乗るまで、毎月着実に貯蓄をおこないましょう。 シーズ・マネー(種金)元金を作ります。株式投資では、『複利の力』を理解して頂ければ、貯蓄したくなります。例えば、100万円を月10%の利回り運用したら、2年後1000万円以上になります。 割安株投資 (バリュー投資) 「評価される価格以下で買う」投資方法えです。例えばウォーレン・ ...

はじめる株式投資

【2020年株価】低位株の魅力は大化け

低位株は右肩上がりトレンドへ 株価は過去の高値を目指します。今回の急伸した株価は、アメリカ大統領選収束、COVID-19収束期待から大型株は買われています。この状況はいつの時代でも変わる事のない反発買いです。大型株を上がり切ったポイントで買いに入るのはお薦められませんし、業績に見合っているのか疑問視しなくてなりません。今回の上昇は短期的なだとおもいますので影響されない投資を行います、「低位株」に目をむけませんか、低位株は決算から一部では、株価はテンバンガ―までいかないまでも2倍となった銘柄もあります。半年 ...

はじめる株式投資

巣ごもり消費で純利益増加

世界的にコロナウィルスで大変な時期ですが、株式相場が異常な上昇局面だからこそ利益がとれることになります。感染拡大を防ぐ為には、屋内で過ごす時間が増えてきます。ネット通販、ケータリング・出前などを利用し、外出せずに家の中での生活を楽しむ方が増加しています。いわゆる「巣ごもり消費」です、又自宅での時間潰しにゲームなどを楽しむ方も増加してもいます。さらに、第3波の感染拡大が本格的になるようなら、日用品の買いだめも顕在化するかもしれません。いま行き場がなくなった資金が向かっているのは、株式ですので急落する事を念頭 ...

はじめる株式投資

コロナウイルス(新型肺炎)関連銘柄

新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に及ぼす影響を懸念し、株価は値下がりしました。市場関係者は、「新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、きょうから工場の操業を再開する企業もあります、日産自動車は、中国からの部品確保ができず一部工場を一時操業停止とした、一方でズズキ自動車は中国工場を閉め、ベトナム等へ部品製造を既に移しており、明暗を分けた形となっています。結果スズキ自動車の一人勝ちとなるかもしれない。アメリカの中央銀行にあたるFRBが、中国経済の混乱が世界経済の新たなリスクになるという認識も示し、東京 ...

はじめる株式投資

株の売り時を見極める

PERが市場平均まで上昇してきたとき PERは「ピーイーアール」または「パー」と読みます。日本だけでなく世界中の投資家が見る重要指標なので、PERの見方をきちんと理解しておくことは、株式投資をやる上で重要です。PERは以下のように計算します。 PER=【株価】÷【1株当たり利益】 株価を1株当たり利益で割って計算します。言い換えると、PERは「1株当たり利益の何倍まで株価が買われているか」を示しています。一般的に倍率が高いほうが株価は「割高」、低い方が「割安」と判断されます。1株当たり利益は、連結純利益( ...

はじめる株式投資

アノマリーを利用した株式投資

株式市場は、常に効率的であるという言葉がありますが、時々変則的な動きをすることもあるのです。それを「アマノリー(変則性)」と呼びます。以下にいくつか挙げてみましょう。 週末効果 週末効果とは、1週間のうち、月曜日の上昇率が低く、金曜日の上昇が高いという統計です。恐らく、多くの投資家は週末に銘柄選別などを行っており、土日に銘柄情報を手に入れた投資家が、もっとも魅力のある銘柄を見つけ、そちらに乗り換えるために、月曜日に売ってしまうことが考えられます。 1月効果 1月の上昇率が他の月と比べて高いという統計です。 ...

はじめる株式投資

日本の投資信託は世界のガラパゴス

銀行の投資商品は、何も知らない素人が買うものです。 銀行の方に怒られそうですが、そもそも銀行員は資産運用のプロではありません。銀行員で株式投資などをしないからです。むしろ、いままでの記事を読んだあなたの方が上手でしょう。そして、あなたの家族の経済的な幸せを考えて投資を勧めているわけではないことを念頭において置いてください。忘れてはならないのは、銀行側の最終的な目的としては、「自分の会社で扱っているこの商品を買ってください。そして、手数料をください」ということに行き着きのだということです。彼らの収入源は、投 ...

はじめる株式投資

短期投資と長期投資はどちらか

売買回数が年間20回~30回でも利益が出せます。売買回数を減らすほど、儲けが増えていくかというと、1度売って買って行うと、その度に売買手数料、売却益にたいする税金が必要になってきます。再投資を行うとしても、それらを一旦全部全て支払ってから、残りの金額で投資を行わなければばなりません。一方、いい銘柄さえ掴んでしまえば、そのままほったらかしにしておけます。いわば、売買手数料、売却益に対する税金を払わずに、再投資を行った状態だといえます。とても効率の良い状態になるのです。 そして、市場平均を上回る成績を上げる事 ...

© 2021 便利なコンパス