これからはじめる株式投資

「PBR(株価純資産倍率)」の意味や使い方

PBRとは、「Price Book Value Ratio」の略、株価純資産倍率の意味

PBRを加え投資対象銘柄をより厳選する場合、【PBR1.0倍以下を基準とします。これが、低ければ低いほど、割安だと判断できます。PBRは、株価÷1株当たり株主資本で算出できます。1株当たり株主資本は、発行済み総株式数÷会社の総資産で計算ができます。つまり。この指標は、資産を判断基準として割安銘柄を探そうとするものです。純資産は、会社の解散価値とも呼ばれ、株価が1株あたり純資産(BPS)を下回っているということは、会社の実態価値を割り込んでいると判断でき割安と考えられるのです。PBRが1倍以下ということは、株価がその本来の価値を下回るということであり、1倍を割ること自体、通常ありえない状況である事を意味します。このPBRがとても重要なのです。PBRという指標は、外資系ファンドなど好んで使う指標で、最近の企業買収に関しても、対象企業をチェックしてみると、PBRが1倍割れだったりすることが多いのです。

-これからはじめる株式投資
-, ,

© 2021 便利なコンパス

便利なコンパス