はじめる株式投資

副業 バリュー投資 割安株

ファンドが扱わない小さな時価総額

投資は、資金が多いほど勝つ確率が高くなります。資金が多くあれば、多量な空売りを行い、安くなったところで買いに入れば儲ける事も可能になります。

このように沢山の資金をもった機関投資家、ファンドや仕手と言われる株式投資家と同じ土俵で競っても勝てる訳がありません。

しかし、機関投資家、ファンドや仕手と言われる株式投資家が投資対象としてるのは、時価総額の大きい大型株、優良企業です。

大型株で運用しなければならない理由は、数百億、数千億運用資金であり小型株では、利益が上げにくいためです。

個人投資家にとって、割安、低位、小型株が利益を出しやすい状況にありますが、株式市場で儲けを出すという事は、早く買いに入り、安値で仕込み、株価が上昇してきた所で売却する必要があります。

この視点から割安、小型株市場は、初心者、手持ち資金の少ない投資家にとって入りやすい所ではないでしょうか。

 

-はじめる株式投資
-, , ,

© 2021 便利なコンパス