ヤフオク

ヤフオクで削除されない方法

更新日:

オークションの中では、同じ出品商品なのに、クリック数、入札数、落札金額に大きな差がつくという事がよくあります。
やはり違いが出てくるのは、「クリックしたくなるタイトル」、「思わずのめり込んでしまう体験談を活かした本文」、そして、落札者にとっての「プラスになるもの」という所にあるのでしょう。
価格の付け方については、アクセス数や入札数を第一にするか、利益を第一にするかで違ってきます。
アクセス数や入札数を第一にする場合は、「1円」からスタートします。
1円からスタートする事で、まず多くの人に入札してもらいます。
そして、最終的に競り合ってもらう形で落札価格を高めてもらいます。
しかしこの方法は、へたをすると、本当に1円で終わってしまうこともあるので、初めての時はテストの気持ちで出品したほうがいいでしょう。
それで上手く行けば、この方法はかなり有効だと言えます。
利益を第一にする場合は、始めからある程度の価格をつけます。
この場合もまずテストをしてからのほうがいいと思います。
「この値段だったら売れる」というある程度の答えがでたら、その価格を開始価格にしてしまいます。
そこからオークションの形を取ってもいいし、その価格を、「希望落札価格」にしてしまう方法も有効です。本文中に使う画像などは、なるたけ軽くするという事が大事です。
特に23時前後あたりの混み合う時間帯などに時間がかかってしまうと、それだけで多くの人達が他の出品の方へ行ってしまいます。出品する時間帯なども、比較的共通しています。
だいたい、週末から週末、時間でいえば、23時頃の一番混み合う時間帯に、開始時間も終了時間も設定しています。「評価」というものがありますが、よっぽどの事が無い限り、「悪い」はつけません。
多少支払いが遅れたりスムーズに行かなくても、良い評価をしてあげた方が自分の為にもなる事が多い様です。
オークションに出品するために写真を撮ったり、説明文を打込んだりして、手間ひまかけてやっと出品した商品がすぐに削除されてしまった経験はありませんか?
また、出品するにしても、オプションで文字を太字にしたり、タイトルに色をつけるなどでも料金がかかってしまい削除されれば無駄な出費になってしまいます。
いままで一度も削除などされたことがないという方でも、長い間オークションを利用していると必ず削除対象の商品を出品する機会がやってくると思いますので、参考までに覚えておいてください。
ここではどのような出品をすれば削除されずに済むか、そこら辺を解説していきたいと思います。
現在ヤフーでは削除対象になりうる商品を定期的に検査しています。
検査しているといっても、アルバイトなどが一つ一つ出品商品をチェックしているのではなく、削除キーワードを検索し、その削除キーワードにひっかかった物だけを検査しているのです。

-ヤフオク
-, ,

Copyright© がっちりドットコム , 2019 All Rights Reserved.