NHK 有吉のお金発見  

NHK 有吉のお金発見 突撃!カネオくん「最新技術で劇的進化!首都高の最新お金事情」

日本が世界に誇る超巨大道路・首都高のお金事情を大調査!今、首都高では「メンテナンス技術」が劇的進化中!走るだけで異常を発見「億超えの点検マシン」や危険度MAX「命がけのスゴ腕作業員」が登場!さらに、完成が大きな話題を呼んだ「山手トンネル」の誕生秘話も!地下の○○をかいくぐる驚きの工事内容とは?さらに有吉とそらちゃんが大変身!スタジオで一体何が?

出演者:有吉弘行 、田牧そら、 伊集院光

交通と物流の大動脈、首都高速道路。世界が驚くスゴイ高速道路だった。首都高は入り組んだ立体構造で全体の7割が空中という。

今回のテーマは首都高。世界でも類を見ない立体構造の高速道路。複雑怪奇な構造が外国人に人気。1964年の東京オリンピックまでに渋滞を緩和させるため用地買収を避けるため道路や川の上に建設された。インフラドクターは超高性能な検査マシンという。360度撮影できるカメラにレーザー測定器で道路のメンテナンスをしている。データをもとに補修箇所をAIが自動診断するという。

驚き!首都高を守る特殊部隊

特殊高所作業員は高所にぶら下がり構造物を調査する。近接目視として近づいて点検している。この仕事は始まってまだ10年ほどという。阪神・淡路大震災などをきっかけに2014年に近接目視が法律で義務化された。体中にロープなどを装備し総重量はおよそ30kg。コンクリートを叩いた時異常があると反響し高い音になる。

道路の未来を変える!?最先端コンクリート

みずからヒビ割れを治す自己治癒コンクリートが紹介された。バクテリアが閉じ込められていてふだんは眠っているがヒビから水分と空気が入ると活動を開始する。栄養分を取り込み炭酸カルシウムを排出する。炭酸カルシウムがヒビを補修する。

進化する首都高のお金のヒミツ

日本橋の上を通る首都高1.2kmを地下にという計画が進められていた。中央環状線山手トンネルは世界一長い高速道路トンネル。新宿から羽田空港までの所要時間の大幅な時短を可能にした。1990年に工事が開始されたが東京の地下には水道・電気・ガス・鉄道などで大混乱だった。中野坂上交差点エリアでは丸の内線と2m、大江戸線と6mしか離れていない

困難を極めた山手トンネル開通工事/突撃!進化する首都高のお金のヒミツ

シールドマシンの直径は約13mで真ん中は抜いて運び出す。外側の部分はただの丈夫なかたまりで直径13mもあるので運び出せないのでそのまま埋めておく外枠はトンネルの一部として利用される。

-NHK 有吉のお金発見  
-,

© 2021 便利なコンパス