初心者が初めにぶつかる壁が”毎日更新しているのに稼げない””すぐに稼げると思ったのに稼げない”となり落胆し、心が折れてしまうことです。そもそも「アフィリエイトが稼げない」というのはありえません。アフィリエイト=稼げないのであれば、ASP会社は倒産します。2019年7月現在、東証一部に上場しているASPの決算を見るとアフィリエイトは稼げることがわかりますで、「アフィリエイト市場」も2013年に1,350億円規模だったものが2020年には3,500億円規模に拡大すると言われています。つまりアフィリエイト=稼げないのではなく、格差がどんどんひろがっていて、稼げない人が増えてきているというのが答えだと思います。その原因は、

競合サイト数の増加

「比較サイト」と聞いて思いつくのは価格コムくらいでしたが、現在は比較サイト、つまりアフィリエイトサイトのライバルになりえるサイトが増え、相対的に稼ぎづらくなってきています。

アフィリエイト企業の参入

企業の一事業部、もしくは会社でアフィリエイト事業に取り組んでいるところが増えてきています。それらは資金や人員をかけて全力でアフィリエイトによる収益を上げることを事業としていて、空いた時間でフィリエイトを行う人とは比べ物にならないくらいカッコイイサイトを作り、それらを複数ジャンルで量産することができます。これもアフィリエイターが稼ぎづらくなってきた理由です。実際にアフィリエイト収入がある人の割合も少なくなってきています。